ブラフ

ポーカー攻略 | 初心者編

ブラフと聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?恐らく、世界のトッププレイヤーの鮮やかなスーパープレイを思い浮かべる方が多いかと思います。これらのスーパープレイに共通しているのは、相手にベストハンドをフォールドさせている事です。

それでは、順に解説していきます。


同じブラフでも、ブラフには2つ種類があります。ピュアブラフとセミブラフです。

ピュアブラフとは、ほぼ確実に負けていて、ドローイングデッドの状態でベットやレイズをし相手をフォールドさせる事です。
例えば、リバーまで見に行ったのに、あなたはフラッシュにもストレートにもならず、ただの9ハイを持っているとします。この状況はどれだけポジティブに考えてもショウダウンでポットはとれないでしょう。この状況でのブラフがピュアブラフです。

セミブラフとは、現状負けているけど、ベストハンドになる可能性もある状況でベッティングアクションを行う事です。
例えば、フロップでストレートフラッシュドローになったとします。現状はただのTハイですが、ターンとリバーでフラッシュやストレートになればベストハンドです。
ただ、ターンとリバーで引けるとは限らないのでこの段階で強気にベットして相手を降ろしてしまおうというのがセミブラフです。

さて、これらのブラフを成功させるためには何が必要でしょうか?ブラフの心得について解説していきます。


ブラフの心得

まず1つ目に、ブラフはフォールドできる相手だけにする事です。
ブラフは相手がフォールドして初めて成立するテクニックです。ボトムヒットやポケットなどでコールしてくるフィッシュや、ルールを理解しているかも怪しい観光客相手にブラフしても効果はありません。ブラフはある程度の実力があり、相手のハンドを予測してフォールドできるプレイヤーに仕掛けるものです。
また、ポットコミットと呼ばれる状況に陥っているプレイヤーに対してもブラフは意味をなしません。自分のチップの半分以上をポットに入れてしまっているプレイヤーにブラフしても、大抵の場合オッズがあってしまうのでコールされてしまいます。

2つ目に、ストーリーのないブラフをしないという事です。
一般的に格上と呼ばれる猛者プレイヤーは、常に相手のハンドレンジを予測しています。あなたが根拠なくリバーでオールインしても、彼らはそのオールインにストーリーがないとAハイでもコールするでしょう。あなたが持っているはずがないハンドを主張しても、見破られてしまいます。

例えば、リバーまであなたがずっと弱気だったのに、リバーが出た途端急に強気にベットしてきたといった場合、「リバーでハンドが完成した or ブラフ」と考える事は容易いです。リバーが明らかにハンドを進展させるようなカードでなかった場合コールされても文句は言えません。

しかし、プリフロップから一貫して強いハンドを主張し、ボードにAなどのカードが落ちれば、相手もあなたのベットをリスペクトするでしょう。このようにブラフを仕掛けるのであれば、相手にフォールドする理由を作ってあげる、つまりストーリーを作る事が重要です。

実例をあげます。

あなたはアーリーポジションでJ10を持っており、3BBにレイズしました。タイトなBTNが9BBにレイズし、全員フォールド、あなたはコールしました。

フロップ:283

あなたはフラッシュドローもストレートドローも引けず、ただのJハイです。教科書通りオリジナルレイザーまでチェックで回します。するとBTNはチェックバックしてきました。

ターン:283Q

ターンでQがでてストレートドローにはなりました。ここで相手のハンドを考えてみます。相手はプリフロップで強さを主張していました。その後フロップでドライボードが出た後チェックしています。相手のハンドはほとんどの場合でAKだろうと予想したあなたは、セミブラフする事にしました。

ここでのブラフが効果的な理由は、相手からみたあなたのハンドレンジがボードとかみ合っているからです。

相手からすると、プリフロップでのスリーベットに、ポジションがないのにも関わらずコールしているため、「AQ+、88+」といったレンジであなたのハンドを予想していてもおかしくはありません。また、フロップでのチェックも、オリジナルレイザーまでチェックという教科書的プレイに基づいているため、Qヒットやオーバーペアでチェックしていても、そこまで怪しいプレイではありません。

あなたがポットの6割程をベットすると、相手はフォールドしポットを獲得しました。

ここではポジションのない状態でのブラフを紹介しましたが、あなたが信じるストーリーに基づきベットしています。こういった一貫したプレイが必要です。

ただ、もちろんブラフをする時は慎重になってください。ブラフに1回コールされて失うチップは、バリューベットに1回コールしてもらわないと取り返せません。
ポーカーを真剣に勉強している皆さんであれば、バリューベットに1回コールしてもらう難しさがよくわかると思います。

Follow me!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP