フローティング

ポーカー攻略 | 中級者編

フローティングとは、2段階のブラフプレイです。フロップとターンにおいて、相手よりも強いハンドを持っていると相手に信じ込ませ、ターンでポットを獲得するプレイです。

基本的に、フロップで相手のCBをコールし(これをフロートするといいます)、ターンで相手がチェックした後ベットしてポットを獲得します。このプレイはハンドの強さを必要とせず、ブラフの1つとして捉えられますが、アクションが2段階(フロップとターン)にまたがる為、高度なブラフ技術です。

フローティングは、上級者が頻繫にCBを打つ事を利用しています。彼らはハンドが進展したかどうかに関わらずフロップでCBを打ってきます。
このCBにコールすると、普通の強い手やモンスターハンドのスロープレイの可能性が出てくるので相手は警戒します。相手が強いハンドを作っていない限りターンで相手はチェックするため、強気のベットでポットを勝ち取ります。

フローティングはドンクベットやブロックベット同様、CBに対する大きな防御になります。しかし、相手がしっかりとヒットさせていた場合は全く意味がないので、相手のハンドを予想しながら行う事が必要です。

フローティングを成功させるためには、2つ重要な事があります。

  • 1つ目は、あなたがポジションを持っている事です。ポジションがない状態でもフローティングはできますが、ポジションがある状態よりもはるかに困難です。なぜならポジションがあれば、ターンで相手のチェックを確認でき、弱みを見せた相手からポットを奪えます。もし相手がチェックしなければフォールドするだけです。ポジションがないと、CBしている相手にドンクベットしているだけで、レイズされたらフォールドせざるを得ません。
  • 2つ目は、相手とヘッズアップになっている事です。複数人いるポットではだれかしらがハンドを作る確率が高く、フローティングは上手く機能しないでしょう。

それでは、フローティングの実例を見ていきます。

フローティングの実例

1ドル/2ドルの9人テーブルで、あなたはBTNでAQを持っています。

ミドルポジションのプレイヤーが8ドルにレイズしました。あなた以外は全員フォールドし、あなたはコールしています。

フロップ(19ドル):85Jとなり、あなたはフロップを外しました。

相手はここで16ドルのベットをしてきました。

普通であればフォールドを選択するべきですが、この相手は頻繁にCBを打ちます。

そこであなたはコールし、フロートすることにしました。

ターン(51ドル):85J2

ターンもあなたのハンドと全くかみ合いませんが、相手がチェックしています。

あなたは、40ドルをベットし、相手はフォールドしました。

あなたは相手より強いハンドをもっているでしょうか?微妙な所だと思いますが、あなたはそこそこの大きさのポットを獲得する事ができています。
こういった状況では、相手はAKやAQ、KQのようなツーオーバーでCBを打っていたか、TTや77のようなポケットを持っていたのかもしれません。
しかし、相手からみるとあなたのハンドはAJやKJ、JJや88など、相手を打ち負かすハンドを持っているように見えます。

ベットサイズも重要です。ターンでのあなたの40ドルのベットはポットの3/4なので、相手がなにかしらのドローを持っていたとしてもオッズはあいません。

もしターンでもCBしてくるプレイヤーに対峙したとしてもフローティングは可能です。
そういったプレイヤーにはターンでリレイズし、ポットを獲得しましょう。

Follow me!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
PAGE TOP