ポーカーの話をするにあたり、いくつかの用語を知っておかなければなりません。
ここでは、基本的な用語のみを解説しておきます。他にもポーカー独自の専門用語はたくさんありますが、都度説明・解説していきます。


カードに記載されている数字の大きさ(ランク)によって強さは決まります。ポーカーにおいては、Aが最も強く2が最弱です。

皆さんが遊んだ事がある大富豪等は、2が最も強く3が最弱だったはずです。ポーカーはそれと異なりますので注意してください。
また、ポーカーではジョーカーを使用しません。

以下にてランクが高い順に表記方法をまとめています。

  • A:エース
  • K:キング
  • Q:クイーン
  • J:ジャック
  • T:テン
  • 9:ナイン
  • 8:エイト
  • 7:セブン
  • 6:シックス
  • 5:ファイブ
  • 4:フォー
  • 3:スリー
  • 2:デュース

カードの色(スーツ)

カードに記載されている4種類のマークの事です。これをスーツと言います。

例えば以下は左からAのスペード、クラブ、ダイヤモンド、ハートです。

AAAA


ハンドの表記方法

以降の記事においては頻繁にハンドを絡めた解説が登場します。
海外のハンドレビューサイトなどを見る時も役に立つので、覚えておきましょう。

例えば、AKを表記する際は、AcKc(エースクラブとキングクラブ)と表記します。

  • A = Ah(エースハート)
  • 8 = 8c(エイトクラブ)
  • 5 = 5d(ファイブダイヤモンド)
  • 2 = 2s(デューススペード)

また、ハンドのスーツが同一の時は以下の様に表記されるのが一般的です。

ATs(エーステンスーテッド)

ここでのsは「スーテッド」と呼び、スーツが同一である事を意味しています。
例:A10A10など

逆に、ハンドのスーツが同一でないときは以下のように表記します。

ATo(エーステンオフスーツ)

ここでのoはオフスーツと呼び、スーツが同じではない事を意味しています。
例:A10A10など

最後に、任意のランクを表すXを使用した表記方法も存在するので紹介しておきます。

Axs(エースエックススーテッド)やAxo(エースエックスオフスーツ)

ここでのxというのはランクを特定せず、「Aと何か」といったハンドを表しています。

例えば、Axsは、A10A8等、「Aともう1枚のカード」の組み合わせで、かつ、同じスーツを持ったハンド全てを指しています。

こういった表記が必要なのはもう1枚のカードを敢えて特定せずともAをもっているか否かという事が判断に影響する状況で使われます。
詳しくは後々解説しますが、この表記方法も覚えておきましょう。

TOP
PAGE TOP